Read Article

世界はシンクロする!TLI=ツナゲルライフインティグレーション講座で感じたどんぴしゃな気持ち

TLI=ツナゲルライフインティグレーション講座最終講を受講するために東京に来ています。

最終講は、シンクロと継続する事の凄さが身に染みる講座となっています。

自分をブランディングとは華麗に装うことでなく自分の特徴を知ってもらう事

ネット時代の現在、20世紀では大企業しかできなかったプロモーション、ブランディングが個人でもできる時代。

無名の人間が、ブログやSNSを通じて有名人となる事ができる時代です。

そんな時代のブランディングとは何なんでしょうか。

以前であれば、ある意味装って良く見せることがブランディングと言えました。

20世紀の芸能人は、芸名を名乗り、新しい人格として装ってブラウン管の前に立っていました。

しかし、誰もがスマートフォンを持ち、いつでも情報を発信できる時代、装うことは不可能になっています。

では、ネット時代のブランディングとはどんなことなのか?

それは、自分の長所をキャラクターを得意を好きを知ってもらうこと。

多くの人に知って貰えば知ってもらうほど、興味を持つ人が現れて、影響力を持ち、お金も流れてくる。

あの人の紹介だから買う。

あの人が作ってるから買う。

あの人が書いているから買う。

買う動機に個人の名前が入る時代になったのです。

そこに、偽りの装いは要らないのです。

シンクロする世界

毎回、TLIでは受講生がプレゼンをおこないます。

もちろん、お題が出てそれについてスライドを作り、皆んなの前に出てプレゼンするのです。

今は、iPhone一つあればKeynoteでプレゼン資料を作れる時代ですから可能なのです。

このプレゼンを作るのに苦労するときもあります。

前を向けば向くほど、心はそれを拒む様に働きます。

心は、脳は、変化を好みません。

生存本能でできている部分が、変化するよりじっとしている方が安全だと判断するためだと私は思っています。

だから、進もうとして作るプレゼンに、心が様々な障壁を用意します。

更に、心が思うことは、引き寄せられて来ます。

今回、プレゼンを作る中で、様々な障壁と、実際に進むのを阻む事実が発生しました。

でも、障壁こそが必然で、その障壁を乗り越えることで、新しい地平が見える。

変化がそこにあるのだって事だと、講師の大塚あやこさんが教えてくれました。

事実、プレゼンの内容も、立花岳志さんが教えてくれたブランディングの内容と一致する事を、閃きで追加しているんです。

TLI終了の先輩たちに聞く

今回、TLI最終講で、TLIを終了した先輩たちの話を聞くことができまいた。

その中には懐かしい顔も・・・

4年前かな、立花さんのブログ合宿でご一緒したお二人。

ブッキーと梅ちゃんにも再開しました。

あの時、同じ所に立っていたのに、随分と先に行ってしまった感がします。

自分だけ停まっていた?

そうは思いません。

私も進もうとしていた。

でも、遠回りしたのは間違いない。

遠回りして、ここに戻ってきたって事にしといてください。

梅村小百合さん

うめちゃんは、キッチンスタジオKitchen Beeを主催しておられます。

もろくろさんと一緒に、ものくろキャンプも主催。

自らも梅ちゃん発酵講座を開催している凄い人。

梅ちゃんは、立花さんのブログ合宿でご一緒しました。

当時は一流企業で働いていて、効率化の話を聞いたような気がする。

気がついたら、会社を辞めていて、Kitchen Beeを主催しておられた。

TLIの前進になる「人生を劇的に変えるワークショップ」に参加して、そこから人生が変わっていく出会いを経験したそうです。

梅ちゃんは、私と同じエニアグラムタイプ7。

止まると死んでしまうタイプ7がどんな風に現在に至ったのかは、とても参考になりました。

穴吹英雄さん

ブロガーであるブッキー。

ブログ合宿でご一緒した学友でもあります。

ブログ合宿では、夜遅くまで深い話をして、ビリーフリセット講座の事も聞いていたんですよね。

ブッキーの現状は聞いていてなんだか嬉しいんですよね。

なんでかわからないけど。

そして、羨ましい。

自分も頑張ろうって思いました。

飯泉賢さん

スポーツアロマのサロンを経営しておられる飯泉さん。

TLIの前進になる「人生を劇的に変えるワークショップ」から参加しておられる1期生。

大企業に勤め、高額の年収を稼いでいたのに独立した人。

高年収から独立するのは、私などとは違うプレッシャーや抑制が働くと思うんです。

行動する力が凄い人だって思います。

仲間と出逢いを大切にする

御三方が共通して言われるのは、仲間を出逢いを大切にすること。

仲間が居れば助け合えるし、ビジネスパートナーになるかもしれない。

仲間との相乗効果が人生を変える可能性を持つ。

私は正直、出逢いを大切にしてこなかったって思う時があるのです。

利己主義なんじゃないかと考える時。

だから、これからは、じっくりと人と向き合い、仲間を大切にし、仲間と自分の家族の様に接していきたい。

そう思っているのです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top