風は吹く、川はせせらぐ、芽は芽ぶく

風は吹く、川はせせらぐ、芽は芽ぶく

春の訪れとともに、変化が訪れる 春の風は、木の葉を揺らし、さわさわと擦れる音を立てる。 川の流れにはお日様が写り、触って見たい衝動を掻き立てる。 植物達の春の行動は早い。 気がついたら土から顔を出し、一晩で伸びる。 私たちは、日々変化のない日常を生きて居るのか? 変化に気づいていないだけでは? そう思う。

カワセミが飛ぶ川は大水で護岸が一部崩れている

カワセミが飛ぶ川は大水で護岸が一部崩れている

カワセミを久し振りに見ました。 私の職場の川に生息していることは知っていましたが、見たのは久し振りにだったのです。 写真を撮影しようとiPhoneを向けましたが、iPhoneでは流石に取られられませんでした。 青い影がどこかに飛んでいるはずです。 この川にカワセミが生息しているのは、護岸が一部崩れているからだと思います...

雪雲は向こうからやってくるのがわかる

雪雲は向こうからやってくるのがわかる

雪雲は向こうからやってくるのがわかる。 重く灰色の雲が山の向こうからやってくる。 それがうちの雪雲の出来かた。 そんなに降るわけじゃないので、向こうから、あっ、雪雲が来るな感じがする。 雪が津々と降って、積もった日の朝、私の心がうずうずする。 雪も雪の景色も大好きだ。 もちろんこれは、うちが雪の被害をそれほど受けないか...

いつもの散歩コースで川鵜を発見

いつもの散歩コースで川鵜を発見

いつもランニング(三浦)を行っているコースは、川沿いを走っています。 以前カワセミもいるとご紹介した川です。 本日はこの川で、川鵜を発見しました。 川鵜をご存知でしょうか。 よく鵜飼の船が、あゆを取るシーンがテレビなどで放送されると思います。 長良川とかが有名です。 私もこの川で、川鵜を見るのは初めてなのです。 この辺...

最近の投稿

More
Return Top