Read Article

親指シフトの練習と心を動かす魔法の文章術のワークを同時にやって効率化

二つの事を同時にこなせたら時間短縮で効率化が図れます。

一概に簡単な事とは言えませんが、結構やってみたら上手くいく組み合わせは沢山あります。

二つのことを一度にやって効率化

時間は有限!

一度にやれる事は、二つ、三つと一緒にやって効率化したいと思っています。

本職の仕事から、効率化は常に考えている事です。

効率化したとしても、品質を落としては何にもなりません。

練習であれば、ながら練習、ながら勉強になってしまっては結局損をします。

同じ時間で二つ以上の事を行って、効率を上げたいなら、ながら練習にならない様に、相性のいい事を束ねたいところです。

まず、今やっているのが、ランニングと神社へお参りのミッションの同時進行です。

あわよくば、ブログのネタ出し、下書きの音声入力したいところです。

音声入力は、ランニングの質を少し落としますが、費用対効果として仕方ないところがあると思っています。

あっ、そうそう、運転しながら本を音で聞いて、読んでいます。

親指シフトの練習と文章練習ワーク

いま、始めようと思っているのが、文章の練習ワークと親指シフトの練習を束ねる事。

文章の練習は今読んでいる(聞いている)本「プロの代筆屋による 心を動かす魔法の文章術」の中に書かれているワークです。

文章には、リズムと言うものがあるそうです。

このリズムが大切で、人を引き付けるかどうかが決まるそうなんです。

そこで、筆者がおすすめしていたのが、文章を書いて移して、句読点まで真似ること。

これを行うことで、文章のリズムが身に付くそうです。

文章は、ビジネス書でもいいのでしょうが、有名な村上春樹さんや、有川浩さんの作品なんかを写すといいと書かれています。

これならば、親指シフトの練習と両立できるのでは!

そう思ったので早速始めてみようと思います。

いま、親指シフトの練習が少し止まっているので、再度1から出発です。

Windowsで親指シフトを簡単に使う方法

親指シフトの練習が止まってしまった理由は、Macが壊れてしまったためです。

そこで、Windowsで親指シフトの練習ができないかと調べたところ、我らがものくろさんが記事を書いてくれてました。

更に、このエミュレーションソフトやまぶきRが秀逸です。

やまぶきRのサイトはこちらー>やまぶきR

インストール不要なので、Zipファイルをダウンロードして、展開!

中のソフトyamabuki_r.exeをダブルクリックするだけです。

わからなければ、もんくろさんの解説をご覧くださいー>ものくろぼっくす

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top