Read Article

自由を選ぶ人はどんどん自由になっていくし、不自由を選ぶ人はどんどん不自由になっていく

タイトルの言葉は、はあちゅうさんの本「「自分」を仕事にする生き方」からいただいたものです。

はあちゅうさんの本も、後半ちょっと仕事術みたいな感じになっていますが、この言葉が大切だと思ったので抜き出して書きます。

仕事を選べばどんどん自由になっていくはサラリーマンも同じ

サラリーマンは仕事が選べないと思っていませんか。

ところであなた、仕事を断ったことがあるんでしょうね。

もし仕事を断ったことがないのなら、なぜ仕事選べないと思っているんでしょう。

私が思うに、自分が不得意な事で四苦八苦して、自分の得意な仕事に集中できない人が多すぎると思うのです。

これってもう孫子の兵法と逆ですよね。

成果を出そうと思ったら自分の得意な子に100%集中する方が良いに決まっています。

なのに多くの人は自分が得意じゃないことに四苦八苦します。

得意じゃないから時間もかかるし、成果も出にくい。

だったら、その仕事断ってしまったらどうでしょう?

断ったら、100%で得意な仕事に臨めます。

サラリーマンは仕事なんて断れないって思い込んでいませんか。

ちゃんと理由を話して、思いっきり嫌だと言えばいいと思います。

案外何事もなく他の人に仕事が他のその仕事が得意な人のところに行くので、心配はないのでは無いでしょうか。

理想も現実も自由も不自由も自分軸で生きる

仕事を断っていると自由な時間が増えます。

とくな仕事に向けて英気を養う事ができます。

人間はずっと100%で働き続けることはできません。

はあちゅうさんも、広告代理店時代のあと一つアイデア出しで残業してても、いいアイデアは浮かばなかった、次の日早く来て落ち着いてアイデアを出した方がいいアイデアが出たって書いておられます。

だから、不得意な仕事で生気を失った状態で、いい仕事ができるわけはありません。

自分本位で自分が得意な自分が楽しい仕事以外は断ってしまえばいいと思います。

断っても得意な仕事でいい結果出せば「あいつ、あの仕事向いてるな」って思ってもらったらしめたもの。

そんな仕事しかやってこなくなります。

その他はボーッとしてても、得意な仕事で結果を出していればクビにはならないし、評価だって高く維持できます。

思い切って、その仕事は得意で無いので、こちらの仕事をやらして下さいと断って見てはどうでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top