Read Article

つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法は、好きな事だけして生きていく事でもあった

根本裕幸さんの新著、『つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法』を読みました。

根本さんの講演会に参加してフライングゲットしたものです。

そちらの記事は別のブログに書いています。

つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法をフラゲ!根本裕幸さんの講演会でゲットした!

つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法は、好きな事だけして生きていく事でもあった

尖った所で生きよう!尖った所で生きられる社会を作りたい

以前の記事にも書きました。

私が求めるライトワークが尖った所で生きられる社会、アライアンス社会の実現です。

個人の尖ったところで生きていける社会を実現するために

アライアンス社会の到来を目指し独立した個とゆるやかで多重な交わりを目指す

あなたの個性(凸凹)があるからいい!個性があるからハマる

と自分の好きな事、得な事以外をやらないで生活していける社会を目指していて、その事について書いています。

今回、根本裕幸さんの新刊を読んで、私が考えている事と同じような事が書かれていて、凄く感激しました。

根本さんのような方も、同じように考えているなら、実現できる社会なんじゃないかと思ったわけです。

日本の教育制度は、平均主義です。

60点の合格点を求めます。

できな所を合格点を取りなさいと教育します。

しかし、出来ないのは得意じゃない、楽しくないからできないのです。

やるのが楽しい事の勉強なら伸びないわけがありません。

この得意じゃないし楽しくもない、自分の不得意なところを伸ばすことは苦痛を伴います。

逆に、得意な事、好きな事を平均に下げるのにも苦痛が伴います。

だから、不得意なところは捨て去り、嫌な事はやらないでも生きていける社会を作りたいと考えているのです。

実体験!意外に自分が嫌いな事は人は好き

実体験をお話ししますが、私は幾つかの非営利のチームを指揮したことがあります。

その時に感じたことは、自分が「こんな嫌な仕事だれもやらないだろう」と思っている事を進んでやってくれる人が必ずいるという事です。

私は、人を話して、大きな流れを変えるのは得意で大好きです。

ところが、同じような感じの事でも、人と人との中をもって、根回しをするのは不得意です。

と言うか、嫌いです。

やりたくありません。

自分が嫌いな事は誰もやりたくないだろうと思っていたのです。

実感したのはPTA会長をやっている時。

自分が嫌いな根回しの仕事を「任せて」とやってくれる女性が居たのです。

顔が広く、お友達も多い彼女に頼むと、自分が説明するときにはすっかり根回しができていて、事がスムーズに運びました。

女性には、人と人との間を取り持つ事が得意な人が多いので、その辺りはお任せすればいいですよね。

自分軸に立って、嫌な事はやらないを決めてみる

つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法を読んで思った事が、いかに他人軸で生きている日本人が多いかという事です。

私の様に変人で、自分の価値観を譲らない人間以外は、社会の常識や親の言いつけ、国の考えなど、他人軸の価値観で生きています。

しかし、自分だけの人生です。

他人軸で生きる必要はありません。

自分軸で生きることに許可を出すと、自分のできない事も「個性」できるところを適用するからできないところを提供してと言えるようになると思います。

その為には、書かれているワークをやって見るのがいいって思うわけです。

ライスワークとライフワークどちらもしても良い

ワーク=働くと考えるとどうしてもお金に結び付けてしまいがちです。

ワークである以上お金を稼がないといけないと思い込んでいる人も多い。

私にも経験がありますが、ライフワークを考えようと思うと出てくるのが、

「これでは稼げないよね・・・」って心のつぶやき。

ワーク=お金を稼ぐことと思い込んでいるからなんですね。

するとどうなるか?

出てこないんですよ。

好きな事、ワクワクすることが。

お金を稼ぐのフィルターを通すと、検索結果が少なくなって、その中に本当のやりたい事が無くなる。

すると、自分には好きな事もやりたい事もない人間だと思い込む。

自己肯定感下がります。

つまらない人間だって思ってしまうわけです。

もちろん、好きな事、ライフワークでお金を稼げた方がいいですが、とりあえず稼ぐは考えない様にします。

すると結構好きな事やりたい事が出てくるわけです。

これじゃ稼げないと思い込むなかれ!釣りが好きで釣り船の船長になった人の話

根本さんの本、つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法の中に釣りがライフワークになった人の話が出てきます。

ライフワークを見つけて、ライスワークにやりがいが出た人の話です。

ポイントはライスワーク(食べるための仕事)をしているという事。

ライフワークを持っても、それで食べて行かなくてもいいという事です。

ライスワークをやりながら、ライフワークをやる。

それだけで人生が明るく変わる。

それで良いって場合も多いと思います。


ただ、これでは稼げないってのは思い込みです。

私の知っている人で、釣りが好きで釣り船の船長になった人が居ます。

釣りにも様々な種類があります。

その中でも、釣り付きで、富裕層に多いのが船釣りです。

漁船の様な船から、大勢が釣りをできる釣り船までいろいろあります。

値段は7000円~20000円ぐらいまでです。

釣り付きだった仮にAさんとしますが、Aさんは頻繁に釣りに行っていました。

船釣りは、釣果も出るため、達成タイプのAさんは船釣りが好きでした。

結構お金も使ったそうです。

頻繁に釣りに行く中で、実は釣り船は脱サラで参入できる商売だとしります。

船は高いですが、船を持って、漁協に登録すれば釣り船は経営できるのです。

それを知ったAさんは、会社を退職。

退職金と借金で船を購入して、釣り船を経営。

現在では、黒字化して、2隻目の運営を狙っています。

船長になると好きな釣りができないのではって聞いてみると、

当初はできなかったそうですが、現在では従業員も雇い、毎日一定時間釣り糸を垂らすそうです。

今現在、自分が夢中になるものがあっても、それで食べて行けるわけがない。

そう思っている人も、続けていくうちにそれが職業になる可能性は大いにあると思います。

ワーク「憧れの人」を書いてみる

根本さんの新著、つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法に憧れの人を各ワークがあります。

憧れの人はたくさん居ますが、根本さんも私の憧れの人の一人です。

根本さんのセミナーやワークショップに行くと、本当に美人が多い事に驚かされます。

スタッフの皆さんも美人。

男として、美人に囲まれて仕事ができるって憧れてしまいます。

もちろん、生活も家庭も憧れです。

お金に感謝する

日本人の誰しも少なからず持っているのがお金に関する思い込み。

これは、日本の教育だけでなく、テレビ番組などにも原因があると思います。

日本のドラマでは、お金持ちは大体悪党。

時代劇でも最後に切られる悪党は、金まみれの武士と金持ちの越後屋と決まっています。

これを何度も見ているうちに「金持ち=悪人」が刻み込まれます。

だから、根本さんがつい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法に書かれている様に、「お金に感謝する」やって見る必要があると思います。

お金を悪いものや、汚いものと考えず、お金に感謝をする。

繰り返す事で、お金に関する考え方が変わっていくのではと思います。

お父さんの感想

個性を活かして暮らせるアライアンス社会を実現したい。

私のライトワークです。

ただ、その前に自分が豊かに暮らせるようにならないとって思いもあります。

今後、根本さんのワークショップやリトリートにも参加してみたいと思っています。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top