Read Article

【書評】ザ・ミッション 自分のミッションを見つけると惑わされない、ミッションを見つける方法とは?

ミッション。

人生の目的の見つけ方。

自分が生きる意味、人生を生きていく目的は何なんでしょうか?

ミッションとは何か?ミッションを見つける方法は?

ザ・ミッションの中には、自分のミッションを見つけるワークがあります。

ビジョンを描くワークがあります。

インスピレーションを鍛えるアファメーションがあります。

そのワークは、ザ・ミッションの本の中に書かれています。

ザ・ミッションをアマゾンで買う

これらのワークをやって、結局知るのは自分自身だと思うんです。

何が自分を突き動かしている衝動なのか。

何に「生きてる」を感じるのか。

ワークを通して自分自身を知り、自分らしく生きる。

その先に、自分の特性を社会に人類に活かせる方法があって、自分だけの個性こそが、社会に貢献できる部分にできるだろうと認識すると教えてくれています。

個性を消してきた時代から、個性を活かす時代なっています。

自己を否定せず、自分の個性を表面に出して、活き活きした人生を送れという意味に捉えました。

自分のミッションを見つけて充実した人生を送る

自分のミッションを見つける。

この世に生まれて、自分が果たすべきミッションはなんなのか?

自分が果たすべきミッションを心に描く事で、自分の道を外れることなく、他人に影響されなくなる。

他人に影響されなくなると、日頃の瑣末なことに惑わされる事も、イライラする事も無く、日々を充実して生きる事ができる。

日々イライラして、なんだか自分を生きていないような気がする。

そんな時は、一度立ち止まり、自分のミッションを見つめ直してみる。

ミッションと書くと、なんかすごい事をしなければ行けないように思いますよね。

私もこの本を読み始めた当初はそう思いました。

でも、本書の中では以下のように書かれています。

意義のある人生を送る事は、自分が大切にしているものに沿って生きるということです。

自分が大切にしている信念。

大切にして生きて生きたいポリシー。

自分軸に立って、他人の価値観では無く、自分の価値観で生きていくことに意義がある。

人はみんな、心の中では答えを知っています。そして何に人生を捧げたらいいか、ちゃんとわかっているのです。

と書かれています。

自分を見つめ直し、自分のミッションを見つけて、それに向かって人生を送れば、揺らぐことなく、充実した人生を送る事ができるのだと思うのです。

自分の人生を捧げるミッションを見つけ、有意義に人生を送るためのワークとアファメーションの全てがこの本に書かれている様に思います。

真摯に、ワークを行い、アファメーションに取り組めば、人生が変わっていく。

そう信じられる内容だと思うのです。

憧れている人が持っているものは自分も既に持っている

人が苦しむ事の多くは、誰かと比べてしまっている事に原因があるのでは無いでしょうか。

隣の芝生は青いじゃないですが、他の人が持っているものはよく見えます。

そして、相手が優れているところを自分と比べて、嫉妬したり羨ましく思ったりするんですよね。

でも、自分がその人より優れているところ、持っているものって有ると思うんです。

憧れているって事は、その人が持っているものを既に自分も持っているという事。

 

比べる必要なんて無い

自分のミッションを持ち、価値観を大切にしていれば、他の人と比べる必要なんて無いんですよね。

自分が持ってないものを人は持っているかもしれないけど、自分が持っているものを人は持っていない事が多い。

ある一面で見ると、自分は『失敗者』に見えますが、他の面で見ると『成功者』だって事を認識するべきなんです。

すると、苦しみや妬みのほとんどは消えて無くなります。

これだけでも、充実して幸せな人生に近づくのでは無いでしょうか。

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top