Read Article

ブッシュクラフトの必需品!ナイフを買う

ブッシュクラフトを始めました。

自然の中で、焚き火をしたり、食事をしたりと結構はまります。

素人の私が、これからブッシュクラフトをやっていこうと思った時、まずナイフが必要ではないかと思いました。

そこで、どんなナイフがブッシュクラフトに合うのか調べて購入する事にしました。

ブッシュクラフトに必要なナイフ

ブッシュクラフトで、ナイフは必需品です。

何か1つ道具をという事になれば、ナイフを選ばない人は居ないでしょう。

木を削る、薪を作る、食材を切る・・・いろんな事ができます。

特に、ブッシュクラフトで外せない焚き火の時にも大活躍します。

ブッシュクラフトに必修のナイフの種類

ベテランの人は、ナイフ1本でなんでもこなしてしまう事でしょう。

ナイフ一本でなんでもこなしてしまうって目標だと思います。

ただ、刃物には得手不得手があるので、用途に合わせて使い分ける事も必要になると思います。

ナイフは、細かい種類や銘柄を分類していくと、それだけで本一冊分ぐらいになるほど様々なナイフがあります。

産地の地域名や、国の名前がついたナイフの分類もあるのですが、今回は大まかな分類として使われる名称で分類してみました。

シースナイフ

グリップ部分から刃の部分まで1つの金属でできているナイフ。

刃の金属が、手で握る部分と一体になっていて、手に握る部分に樹脂や木や金属でグリップを付けた形になっています。

単純な構造で、破損しにくく、研いだりするのにもしやすくなっています。

もし、ブッシュクラフトに必要なナイフはどれかと聞かれるとシースナイフと言えるようです。

木を削ったり、割ったりするのにも適しています。

バトニングと呼ばれる薪割りにも使用できます。

折りたためるフォールディングナイフなどでは、バドニングはできないと思います。

フォールディングナイフ

グリップの中に刃を収納する事ができるナイフ。

コンパクトで、持ち運びしやすく、ポケットに忍ばせておくと重宝するナイフ。

料理やロープの切断など、細かな作業に向いています。

ブッシュクラフトでも、細かな細工が必要の時は使えます。

ただ、薪を作る時のバトニングなどには使いにくいです。

ツールナイフ

日本では10得ナイフなどのナイフがツールナイフになります。

様々な機能がナイフの中に収納されています。

栓抜きやノコギリ、ドライバーになるナイフもあります。

ペンチがついている物もあって、種類は様々です。

これを1つ持っていれば、いろいろ役に立ちます。

購入する事にしたナイフは?

私は、シースナイフを購入する事にしました。

その中でも、スウェーデン製のモーラナイフを購入しました。

モーラナイフとは、スウェーデンの刃物も街モーラで作られているナイフの事だそうです。

スウェーデンでは日常的に使われている実用的なナイフです。

アマゾンなら、安価なモーラナイフが購入可能です。

最初に買うナイフとしても、長く使うナイフとしても使い勝手のいいステンレスナイフに決定しました。

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top