Read Article

欅坂46の避雷針の歌詞を噛みしめてみて欲しい

欅坂46のコンセプトは真面目で進学校に通うような女子高生ではないかと勝手に思っています。

真面目で優等生の少女達が、実は内に秘めた思いを過激な歌詞で歌う。

現在の若者が抱えている矛盾満ちた感情を代弁しているかのように。

ここが乃木坂46のコンセプトとは大きく違う。

だから、多くの若い女の子たちにも支持を受け、今もデビュー曲である「サイレントマジョリティー」は売れ続けていて、ロングセラーとなっていると思うのだ。

欅坂46が語りかけている”大勢の中で右へならへができない人たちへ”

今現在、若者たちの中に大勢の人に合わせることに違和感を感じる人が増えている。

私は、昭和な人間だが、大勢の中で右へならえする事が非常に苦手な人間だった。

個性の時代へと変革する世界の状況を敏感に受けて、今の若者たちの気持ちに変革が起きているのだと思う。

そんな、他人の価値観を自分のものと出来ず、大勢に中で違和感を感じる人たちに、欅坂46の「避雷針」を聴いてほしい。

秋元康さんのリサ-チ力と気づきが凄い

秋元康さんは、多くの若者に話を聞き時代を自分の中に入れていると著書に書いてあった。

だからだろうか、詩の内容が凄い。

「避雷針」 欅坂46 サビの部分

君が気になってしまうよ

AH めんどくさいその存在

だって

誰も理解できない

ネガティブ ネガティブ ネガティブ

暗い目をしている

そんな不器用さを守るには

僕がその盾になるしかない

世の中の常識に傷つくのなら

君の代わりに僕が炎上してやるさ

いつだってそばで立っていてやるよ

悪意からの避雷針

世の中の常識に傷つけられている少女と、その少女に恋心を持っている男子。

トレンドのキーワードを盛り込みながら、内容は「そんな自分でもいい」ではないかと思える。

誰にも理解されず、ネガティブになって暗い目をしている面倒くさい少女。

世間で言えば、異端的で、否定される存在。

でも、「世界が敵になっても、僕だけは味方でいる」的な歌詞は、異端の者の胸に突き刺さる。

君たちはそのままでいい。

誰にも理解されないそれも個性だ。

これからの時代は個性が際立つ時代。

個性を持っている君を誰かが好きになってくれる。

決して一人ぼっちではない。

秋元康さんならではの応援歌ではないかと思うのだ。

AKBでも応援歌は多い

秋元康さんの作詞する歌詞は、応援歌も多い。

特に、AKBの初期のから公演曲には多い。

メジャーシングル曲でも、「大声ダイヤモンド」「River」「Bigginer」などは、応援歌の典型だ。

多くの人へ、大声を上げろ、主張しろ、夢を叶えるために前進め、進むことは怖くない失敗したら元戻ればいいと訴えかけてくる。

アイドル曲と侮ってはいけない。

その歌詞は、現在の社会を先取りし、若者の心を捉え、次の時代へと突き進む力を与えてくれる応援歌なのだ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top