Read Article

【書評】自分に自信をつける最高の方法ミスユニバースジャパンビューティーキャンプの心理トレーニング

多くのミスユニバース日本代表のファイナリスト達を育ててきた心理カウンセラー常冨泰弘さん。

カリスマ的心理カウンセラーが、美の祭典であるミスユニバースの代表がちに心理カウンセリングが必要かを書いています。

そして、ミスユニバース日本代表のファイナリストたちを生み出すワークが多く収録されているのが

「自分に自信をつける最高の方法」です。

自信は、容姿も人生も輝かせることとができるのです。

人の美しさも輝きもすべては心が作り出す

人間は、目で見ているのではないのです。

人間は脳で景色を見ています。

目で見るのと、脳で見るのは何が違うか?

脳が見るとき、視覚の情報以外の情報も加味されています。

同じ映画でも効果音一つで印象が180度変わりますよね。

あれです。

さらに、音だけでなく、気や、オーラ的な物を人間は肌で感じています。

だから、同じぐらい綺麗な女性であっても、自信に満ちていれば美しく見える。

プラスのオーラを放ってるからです。

もちろん、スピスピな観点でなくても、自信は所作に出ますから、差がつくのは当たり前ですね。

つまり、心の持ちようで、人の美しさは変わるのです。

何かひとつ打ち込めるものを見つけると、人生のすべてが輝き出す

何か好きな事に打ち込む。

この打ち込んでいる時の心のあり方は、活き活きとしていて前向きだと思います。

つらくてもサボったりせず、鍛錬を積み重ねる成功体験が、自信と折れない心を作っていくのです。

すると、活き活きとしている自分が持続され、人生が輝き出します。

「自分に自信をつける最高の方法」では、

「打ちこんだものが何もない」と嘆く時間があったら、趣味でも今手がけている仕事でも何でもいいので、目についたものから全力を注いでいく事です。あるいは、「いつかやってみたい」と思いながら、ずっと一歩を踏み出せずにいたことを、この機会に始めて見ましょう。

と書いています。

でも、さらに大事なことが続いて書かれているんです。

やってみて、それが自分に合ってなかったら、またほかに自分に合いそうなことを探せばいいだけなのです。

そうなんです。

私たち日本人はやり始めたら最後までやりなさいと教え込まれます。

これは一見大事な事のように思えますが、実はそうではありません。

人は、自分に合うものを見つければ、辞めたくても辞められなくなります。

だから、本当に自分に合うやりたい事が見つかるまで、何度でもいろんなことをやっては辞めを繰り返すべきなのです。

自分に合ってないかもと思いながら続けるのは時間の無駄です。

辞めてはいけないとの教えは、優秀なサラリーマンを大量に作り出すために植えつけられている思い込み。

会社の仕事を途中で放り出されないように、苦しい事でも続けるよう植えつけられているのです。

でも、本当に自分にあった事に出会ったら、苦しいなんて思わない。

どんどんやってしまうので、心配せずに辞めて次へいくべきなのです。

三割打ったらスター選手「失敗」を失敗で終わらせない

一流の野球選手というと誰を思い浮かべるでしょうか?

野球に詳しくない私がまず思い浮かべるのはイチローでしょうか。

じゃ、イチローが何割の確率でヒットを打つかと言うと、3割台ですよね。

メジャーに行って大活躍するイチロー選手でさえ3割です。

3割打てばスター選手何ですよね。

なのに、みんな10割を狙ってませんか?

失敗して当たり前。

なんど失敗したとしても、くじけずにチャレンジしていれば成功するのです。

スター選手ですら3割です。

普通の人なら1割成功させれば高打率でないでしょうか。

「自分に自信をつける最高の方法」でも、失敗してもなんとかなる、自分ならできると思う気持ちこそが自信だと書いています。

ミスユニバースのファイナリスト達が受けるビューティーキャンプは短い期間で自信を育てます。

それは、短い時間で失敗と成功を繰り返せば、長い期間の経験と同じ事ができると言う証明。

だから、人生はいつでもやり直せるんだって勇気をもらえました。

幼少期に植えつけられたセルフイメージを覆して自信の土台を強固に築く

どうしても自信が持てない人は、本人が悪いと言うわけではありません。

幼少期から両親や周りの大人に植えつけられたセルフイメージが原因だと言えます。

そんな、セルフイメージを上書きして、自信の持てる心の土台を作るワークがあります。

「自分に自信をつける最高の方法」の中には、多くのワークが紹介されています。

短時間のワークを続ける事で、幼少期のセルフイメージを書き換えて、心の土台を作っていくのです。

例えば、人生の最終目標を掲げるワーク、自分を褒めるワーク、大好きなことをするワークなどが紹介されています。

この他にも多くのワークが紹介されていて、実際にミスユニバースのファイナリスト達が受けるワークです。

ファイナリストより、長い時間をかけておこなうことができるので、ゆっくりじっくり自分を変えていくことができるはずです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top