Read Article

氷ノ山に初心者が雪山挑戦 雪山の面白さに目覚める!

氷ノ山に雪山登山をしてきました。

氷ノ山は兵庫県で一番高い山です。

冬場は雪深い山です。

標高は1500mクラスですが、風が強くなめてはいけない山です。

私が登山した日は、穏やかで温かくとても良い一日でした。

雪山って面白い

氷ノ山は、それほどの標高がある山ではありません。

しかも、天候に恵まれての登山。

そんな山に登って雪山って面白いなんてとても言えるものではありません。

でも、やっぱり、雪山の上を歩くのは面白い。

緑の多い時期でもなく、岩場を歩くのでもなく、雪道が良い。

枯れた木の間を抜け、雪を踏み固めながら歩く。

これにハマりました。

氷ノ山は若桜氷ノ山スキー場のリフトから登る

氷ノ山への登山は、ほとんどの人は若桜氷ノ山スキー場から上ります。

若桜氷ノ山スキー場は鳥取県のスキー場で、氷ノ山は県境にあるんです。

ギリギリ兵庫県って位置にあるのです。

若桜氷ノ山スキー場のリフトに乗り、1200mまで一気に上がります。

そこから登山道に入ります。

氷ノ山登山は、リフトを降りてすぐの上りが一番キツイ上りとなります。

氷ノ山50歳からのアウトドア雪山登山

と言っても、それほど険しくありません。

三の丸までの雪原が魅力的

リフトを降り、しばらく登ると平坦な場所に出ます。

結構広めの雪原が広がります。

この雪原がいい。

スキーを持ってきていたら、この辺りで遊べそうです。

山スキーか、バックカントリースキーを持って来年は登りたい。

そんな事を思わされる雪原です。

氷ノ山50歳からのアウトドア雪山登山

氷ノ山山頂まではゆるい雪原の登り

氷ノ山の山頂までは緩いアップダウンが続きます。

スキーを持ってきている人も居います。

上りはまだしも、下りのスピードは速いですね。

自分もスキーが欲しくなります。

氷ノ山50歳からのアウトドア雪山登山

氷ノ山山頂まで来て、昼食をとります。

昼食には、本当に久しぶりのカップラーメンを食べました。

お湯を沸かして暖かいカップラーメンを食べる。

山の上で食べると、たかがカップラーメンでも頃ほど美味しいとは。

氷ノ山50歳からのアウトドア雪山登山

山頂でもほとんど雪がありません。

本当に今年は雪が少ないのですね。

氷ノ山50歳からのアウトドア雪山登山

下山は少し急こう配!ワカンをつけて下山

氷ノ山山頂から下山のコースは、少し急な尾根沿いを下ります。

岩場より、雪が積もっていた方が危険度は少ないのでは?って思ってしまいますね。

氷ノ山50歳からのアウトドア雪山登山

氷ノ山小屋の横に雪の縦穴を発見。

ここでビバークしたのか?って思うほど立派な作り。

掘るのには時間がかかった事でしょう。

氷ノ山50歳からのアウトドア雪山登山

氷ノ山小屋を過ぎると、更に勾配のキツイ斜面を降ります。

しかも、雪がかなり深い。

急な斜面を過ぎると今度は雪が深く足が沈みます。

氷ノ山50歳からのアウトドア雪山登山

お借りしていたワカンを付けて下山を続けます。

ワカンは、フカフカの雪では役に立たない場合もあります。

でも、今回ぐらいに重くなった雪なら威力を発揮します。

ワカンのおかげで、足を摂られる事が減り、楽に下山できました。

終わりに

雪山にハマりました。

私の場合、別に標高が高い山に登りたいって訳でもありません。

頂上を目指したいと言うわけでもない。

仲間と雪と木と岩しかない山道を歩く。

それが何ともいえず楽しい。

少し、厳しい環境に身を置いて、自然を楽しむ。

それがこの上なく楽しい。

雪の中、チープなキャンプをする人の動画を見たことがあります。

その理由がわかったような気がします。

来年は、もう少し多く雪原を楽しみたいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top