Read Article

初めてのブッシュクラフト

ブッシュクラフトを先日初めて楽しむことができました。

と言っても、民家の軒先でおこなったので、ブッシュクラフトと言うほど自然を感じる事はできませんでした。

しかし、民家と言っても田舎の民家。

庭はちょっとしたブッシュになっていて、燃料はそこから供給しました。

初めてのブッシュクラフト

民家は、丹波市にある「サードプレイスはなやぎ」です。

このブッシュクラフトは、サードプレイスはなやぎのオーナーである横田親さんの企画です。

初心者が教えるブッシュクラフトに参加してきたと言うわけです。

火をメタルマッチで点火する事との出会い

ブッシュクラフトの中で、火を手に入れる事は最も重要な要素。

火の燃料は、基本現地調達する事になるわけです。

火を起こす事も原始的な方法を使う事になります。

どんな点火方法かと言えば、メタルマッチとなると思うのです。

メタルマッチは、擦ると火花が飛び散る道具です。

火打石の様な物と言った方が早いですかね。

飛び散った火花が燃えやすい材料に引火して火を手に入れます。

メタルマッチは、小雨の中でも使う事ができ簡単には尽きないため、何度でも火をを起こせます。

メタルマッチとは何か?

メタルマッチは、マグネシウムでできた丸い棒です。

マグネシウムは、擦ると火花が飛び散ります。

結構安い値段で売っていますので、ブッシュクラフトには必需品です。

ブッシュクラフトとは何?

ブッシュクラフトとは、余分な物を利用せず自然の中に身を置いて自然を味わう事

その様に理解しています。

Wikipediaには

森林等の自然環境の中における『生活の知恵』の総称とされており、その行為や技術をそう呼ぶ。

と書かれています。

そして、こうも書かれています。

ブッシュクラフトは、より自然を身近に感じるための、技術・知恵・行為として、アウトドアスタイルの一つ

できるだけ自然に物を持ち込まず、自然の中で調達しする。

調達する行為と自然の中に身一つで存在することで自然と対話し、自分とも対話する。

自然の中に装備を最小限にして身を置くと、自然の力に圧倒されます。

そんな中で身に着けた技や知識が自分の身を助けます。

すると、余分な物ではなく、素の自分に誇りを持ち、慈しむ事ができるのではないかと思うのです。
初めてのブッシュクラフト

自然の中に身を置くとき、自然の力に恐怖するとき、火は心を和ませる味方となります。

人は火を手に入れて、多くの恐怖から逃れる事ができました。

だから、火を見ていると心が和んでいくんだと思います。

ブッシュクラフトでも火を手に入れる事が重要な行為になっていると思うのです。

ブッシュクラフトは、何が正解かわかりません。

同じ事をするにしても様々なアプローチがあるわけです。

初めてのブッシュクラフトは結局肉を焼く

初めてのブッシュクラフト

腹が減っては戦はできません。

腹ごしらえは大切です。

火を起こすと最終的にはBBQになってしまう。

これは仕方がない事です。

先祖たちも獲物を倒しては火を起こし、肉を焼き食べたに違いありません。

食べる行為は命を繋ぎ、自らを知る行為でもあります。

この日もお肉を美味しく頂きまた。

お肉は現地調達ではありませんが・・・

ブッシュクラフトまとめ

ブッシュクラフトにもハマりそうです。

自然の中に必要最小限で身を置く。

その事になんだかわかりませんがワクワクします。

子供の頃秘密基地を作ってる感覚に似ている様な気がします。

ちょっと装備を揃えて自分でもやって見たいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top