Read Article

ノートに夢や目標を書くと叶ってしまう理由

引き寄せの法則って、そんな非科学的な事は絶対ない。

そう思っている人も多いだろう。

でも、真剣に引き寄せの法則や成功法則を研究している人はいるのだ。

引き寄せの法則を科学的に解釈するブレイン・プログラミング

世界累計2700万部のベストセラーとなった本、ブレイン・プログラミング。

この本は、今までの引き寄せの法則の本とは違う。

実は、日本は引き寄せの法則の本ですら欧米に遅れているそうだ。

何が遅れているのかと言うと、アメリアでは、引き寄せの法則が科学的に研究されているらしい。

引き寄せの法則と言うか、成功に法則があるのかを研究の対象にしている科学者が増えているそうだ。

科学と言えば、エビデンスを求めるのが当たり前。

引き寄せの法則も科学として根拠が要求されるわけだ。

ブレイン・プログラミングは、夢を叶え成功する理由を脳に求めている。

脳は、自動的に夢を叶える装置が備わっていると言うのだ。

脳の自動検索機能RAS網様体碔活系が夢をかなえる

脳の中には、実はRASと呼ばれる神経網がある。

この神経網は、人間が生きていく上で欠くことができない神経網。

この神経網は、想像したやりたいと思ったことを叶える方法を一心不乱に検索する。

これは、以前から言われている脳の機能を科学的に解明したことだ。

カラーパス効果は良く知られる。

カラーパス効果は、例えば青色を意識すると、街中の青色ばかり目に入るという脳の機能。

例えば、買う車を決めると、同じ車をよく見かける様になったり、新しいスカートを買うと、急に街中で同じスカートを履いている人を見かける様になったりする効果の事だ。

この機能を司っている神経網がRASなのだそうだ。

だから、やって見たい事や将来の目標や夢を紙に書いておく。

すると、後はRASが生活していく中の様々な情報を検索して、どうすれば叶うかを教えてくれると言うわけなのだ。

まさに、検索エンジンとGPSを兼ね合わせたような素晴らしい能力なのだ。

RASは意識が向いている物を検索し続ける。

だから、望むことだけを考えて、望まない事は考えないようにしなければならない。

まさに、引き寄せの法則と言うわけだ。

ブレイン・プログラミング教える紙に手で書くことが大切

では、文字にして毎日見ていると良いのかと言うと、例えばPCでキーボードを使って打って、それをプリントアウトしても同じかと言うとそうではないらしい。

キーボードで打つのに比べて、手を使って字を書くのとでは脳を使う量が違う。

手を使って書くと、1万近い脳の機能を使うため、脳の機能を多く使うため、RASに刻み込まれるようなのだ。

すると、RASの検索機のが活発に働き、夢を叶える力が増すという。

ブレイン・プログラミングをアマゾンで買う

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top