Read Article

B塾最終講を受講 ブログは成長の過程を見せつけてやれ

立花B塾もいよいよ最終講を迎えました。

最終講を迎えると、短かった様に感じます。

学んだものは多かったと思います。

初心者からの成長物語を書くべし!

今から自分は何になりたいのか?

なりたい自分になろうと志を持つこと。

人生を変えるには、本当に志が必要だと思うんです。

どんな自分になりたいのかを見据えて、一歩づつ歩き出す。

一歩でも半歩でも歩いて入れば目的地につきますからね。

それで、目的地が決まったら、進み始めるのと同時にブログを書き始める。

ここが大きな自分の中でも変革でした。

普通は、なりたい自分になってから、権威を持った自分を示すためにブログを始めます。

でも、良いんです。

進み始めたらブログを書き始めて良いんです。

たわいもない情報を欲しがる人がいる

普通は何者でもない自分がブログを書いても良いのかって思いがちです。

だって、人に教えるような事はまだ持ってない。

今進もうと決めて、歩み始めたばかりだから。

そう考えるのが普通。

ここが間違えポイント!

それは本当じゃないと、立花B塾で教わったんです。

「あなたの読者は、あなたの後ろを歩く人です。」って立花さんに言われたんです。

こんな情報なんてって、そのこんな情報を欲しがっている人がいるかもなんです。

志に進んでいく過程を全て書け!

だから、目的地を決めて進み始めたら、その全てを書いていけば良い。

とても低レベルの事から書いていく。

後ろから来る人たちの道しるべに、上から見守ってくれう人たちが応援してくれるように。

ひょっとしたら、こいつやるかもって思われる様に全てを余さず書く。

かっこ付けづに書く。

学んでいく過程を書く。

書いていると、成長の過程を見守ってくれている人が増える。

応援してくれる人が増えるんです。

何者かになってからでは遅い

何かのプロになって、いざ開業するぞって時にブログを書き始める。

その時読者は何人でしょう。

たぶん、ゼロ?

身近な友人が数人?

でも、もし成長の過程を書き続けていたらどうでしょう。

何者かになるまで何年?

2年?3年?

その間書き続けていたら?

読者は何人になってます?

読者の中かからお客様が出てくるかもしれません。

まったくゼロと見込み客が居るのとは大きく違うはずなんです。

だから、ブログを書きます。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top