Read Article

biccameraでiPad PROをbitcoinで購入してみた

iPad PROを購入しました。

今回はビックカメラのオンラインショップで購入しました。

ビックカメラを選んだのは、ビットコインが使えるからです。

ビットコインを使ってiPad Proを買ってみようと思ったのです。

リアルタイムで必要なコイン数が変わる

ビットコイン決済がどのように行われるのか。

ビットコインの決済は、クレジットカードや銀行振り込み等と同じ様に選択画面で選択できます。

クレジットカードや銀行振り込み等と同じ様に選択画面で選択すればいいわけです。

この辺がビットコインを使ったことがないと少し不安ですよね。

決済方法に、ビットコインを選択すると振込先のアドレスが掲載されます。

それと同時に、振り込み必要額のビットコイン枚数が提示されます。

必要なビットコインを、指定されたアドレスをコピーしてワレットにペースト。

入金すればいいってわけです。

必要なビットコインの枚数は、リアルタイムに変化するようです。

決められた間に入金がされないと、必要枚数が変化してしまいます。

素早く入金することが必要となります

入金はbitflyerが基本だが他のワレットからも可能

リアルタイムで、必要なビットコインの枚数が変化するため、速やかな入金が必要となります。

ビットコインは最近停滞する場合があるため、ビックカメラではビットフライヤーの口座からの入金を推奨しています。

私は今回別のワレットから入金してみました。

iPhoneに居れているワレットbreadです。

ビットコインを教えてもらった人に教えてもらったワレットアプリです。

今回は何の問題もなくすぐに入金完了のサインが確認されました。

入金完了すると

入金の画面で、入金完了のマークが出るのですが、ビックカメラの会員サイトではしばらく入金を促す文字が表示されます。

しばらくすると決済が確認されるようです。

完全に入金が確認されると、決済を確認しましたと言うメッセージが会員サイトに表示されます。

決済を確認しましたと言うメッセージが会員サイトに表示されます。

これで購入完了したと思っていいと思います。

ビットコインの値上がりで端数でiPad Proが購入できた

今回iPad Proを購入したビットコインは、他の口座に切りの良い数字を振り込んだ端数をiPhoneのワレットに置いておいたものです。

つまり、財布の小銭が分けてiPad Proを購入できることになったといえます。

私がビットコインを購入したときに比べて、10倍近くの価値になっていますので、すごいことだと思います。

ちなみに、それ以前にもビットコインを頂いて、iPad miniの端末に入れてあります。

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

最近の投稿

More
Return Top